甲状腺の病気を改善するために必要な知識~ゲンキな体で安心生活~

医者

女性の健康を守る対策

病院

日本人女性に増えている乳がんは、未婚者の増加や欧米化の食生活が原因と見られています。初期症状はしこりや違和感を感じることがありますが、気づきにくい症状でもあるのです。これを予防するには、定期的に乳がん検診を受けていくことで早めの発見が可能なので、若い人でも疑いのある場合は1度受診してみましょう。

詳しくはコチラ

免疫システム

悩み

最近はがん治療の現場では、樹状細胞療法を取り入れるところが多くなっています。樹状細胞療法は、人間が本来持っている免疫システムを強化させて、がん細胞に細胞傷害性T細胞が直接攻撃を加えて排除する治療の事です。

詳しくはコチラ

従来と今の治療方法と

男性

NK細胞療法は従来の治療方法とは異なって、副作用がなく手軽に治療を受けることができる免疫療法です。従来のものはどうしても副作用が出てしまいました。しかし、人間に備わっている悪性細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を増やすので、副作用は伴いません。

詳しくはコチラ

甲状腺の異変

女性

これからの治療

甲状腺は体のバランスを整えるために重要な役割を担っており、バランスが過度に乱れると体調不良となります。甲状腺のホルモンが出過ぎると頻脈や手足の震え等のバセドー病となり、ホルモンが減少すると貧血等を起こします。甲状腺の病気になると日常生活に影響が出るため、早期発見と早期治療が重要であり早めに解決する必要があります。現在甲状腺の病気に関しては、服薬治療と放射線治療と外科的治療がありますが、今後は更に選択肢が広がると予測されます。放射線治療は体の負担が大きく、外科的治療は体にメスの痕が残ってしまうため、負担を減らしキズを残さない治療が求められます。新しい治療を開発する事で患者の心の負担も軽減できるため、早期開始が見込まれます。

治療を受けるメリット

甲状腺の病気は放置しても一向に症状は良くならず、場合によっては予期せぬ大病を引き起こす可能性もあります。治療を受ける事で体に大きなメリットをもたらすため、担当医師とよく相談をして判断する必要があります。甲状腺の病気は完治という言葉が無く、症状が治まった時は寛解と呼ばれ、その後は状態を見て過ごします。一度甲状腺の病気になってしまうと完全に治るのは難しいためこう呼ばれますが、再発を繰り返すため様子を注意深く見る必要があります。服薬治療を受ける事で頻脈や手足の震えが改善され、多汗や冷え症といった症状も治まります。また甲状腺の腫れも引き、少し動くとだるくて仕方が無かった体も楽に動かせるようになります。

Copyright© 2015 甲状腺の病気を改善するために必要な知識~ゲンキな体で安心生活~All Rights Reserved.